第1番【ローズ『32のエチュード』を徹底解説】

ローズ『32のエチュード』を徹底解説
スポンサーリンク

こんにちは。お米を育てる音楽家、ジョーです。

今回からローズ『32のエチュード』を1曲ずつ徹底解説していきたいと思います。

曲を解説するにあたり小節番号を用いていますので、小節番号を記入の上で読んでください。

このエチュードの概要については以下の記事をご覧ください。

テクニックも表現力も身に付く『32のエチュード』C.ローズ

構成

この曲は5つの部分に分けて考えたいと思います。

部分に明確な役割がある場合はそれも併せて示しました。

調については部分の中でも変化があるので、それについては詳しい分析をご覧ください。

小節数部分調速度表示
1-8部分1(提示)C-dur Andante cantabile
9-16部分2C-dur
17-24部分3a-moll
25-32部分4(再現)C-durTempo I
33-43部分5(コーダ)C-dura tempo

それでは部分ごとに詳しく見てみましょう。

部分1(提示)

1小節目から、この曲のテーマ(ドーミソドレミ…)が提示されます。

5小節目で三連符とアクセント、そして6小節目でFis音が出てきて、変化を予感させます。

7小節目でfとアクセントで力強くe-mollカデンツが確立され、この部分はe-mollで終止します。

7小節目のfはただただ大きく吹くのではなく、短調の厳しい音色で表現すると良いでしょう。

部分2

9小節目からはダイナミクスレンジがmfになり、新しい部分が始まります。

9小節目は既にe-mollではなく、C-durのV度です。

ですから前の短調の感じは引きずらず、 8小節目の4分休符で気持ちを入れ替え、9小節目から急に雰囲気を変えましょう。

10小節目でC-durのI度が現れ、それが確立します。

16小節目でC-durで終止します。

部分3

4分休符の後、17小節目からはダイナミクスレンジがfになり、新しい部分が始まります。

a-mollの分散和音から力強く始まるこのメロディーは、テーマと関連付けて考えることもできるでしょう。(テーマも分散和音で始まりましたね。)

24小節目にrit.とフェルマータがあり、C-durの属和音でこの部分が終わります。

部分4(再現)

25小節目からはテーマが再現されます。

25小節目は1小節目と比べるとクレッシェンドがない、26小節目は2小節目と比べるとターンがある、というわずかな違いのみです。

27小節目からは新しい動きになるので、再現の要素はあまり多くないと言えます。

その後、30小節目でrit.、31小節目で上行音型とトリル、そして32小節目で主和音に解決します。

このドの音は、この曲での最高音にもあたります。

非常に華やかですしリタルダンドもあるので、一旦はここで曲が終わるくらいの気持ちで表現しても良いでしょう。

部分5(コーダ)

33小節目のアウフタクトからはa tempoになり、コーダのような部分となります。

ダイナミクスレンジの指示はありませんので、この部分は決して歌いこまずに、全体を通して静かに起伏を伴わないのが良いと思います。(そういう意味でもこの部分はコーダと言えるでしょう。)

40小節目で一旦はC音に解決しますが、最後の最後でドソドソドのオマケがついています。

最後のクレッシェンド・デクレッシェンドは決してやりすぎないでくださいね。

提示と再現を吹き分けよう

1小節目からのテーマと25小節目からのテーマは、ほとんど同じですが同じように吹けばいいのでしょうか?

答えはNOです。

たしかにメロディーとしては、ほとんど忠実に再現されていますが、細部が異なります。

その異なる細部をいかに丁寧に表現できるかが腕に見せどころです。

1小節目からのメロディーにはクレッシェンドがあるので、2小節目に向かって音を大きくして、かつテンポも少しだけ前向きに持っていきます。

それに対して25小節目からのメロディーにはクレッシェンドがないので、上行しても音量が大きくならないように注意します。

2小節目は何の指示もありませんが、このフレーズの最高音であるソの音に向かうと良いでしょう。

特に2分音符のファは停滞しやすいので、次の音符へと向かっていく意識が重要です。

26小節目は何の指示もないので、25小節目に続いて静かなままで吹くのが良いでしょう。

すると2分音符のファで少し停滞する感じがでてしまうと思います。

そこでその停滞を補うためにターンがあるのです。

提示
1小節目・2小節目
再現
25小節目・26小節目
クレッシェンドをし、2小節目の3拍目の最高音へと向かう
常にpの状態を保つ
(停滞しないためのターン有)

このように同じメロディーでも表現の方法をがらりと変えることができます。

ターンの吹き方

この曲では26小節目と39小節目にターンの指示があります。

実際にどのように吹くのか、譜例を用いて説明します。

26小節目のターンの吹き方

2拍目の裏にターンを入れます。

ローズ『32のエチュード』第1番
26小節目のターンの吹き方

気を付けることは、さりげなく、お洒落にターンを入れること

細かい音符は大変ですが、バタバタしないように注意しましょう。

39小節目のターンの吹き方

3拍目の裏の裏、あるいは3拍目の裏にターンを入れます。

ローズ『32のエチュード』第1番
39小節目のターンの吹き方

前者だとかなり忙しく聞こえますが、後者のように完全に5連符にしてしまうと、ずいぶんのんびりとして聞こえます。

理想としては中間でしょうか(笑)。

楽譜としては後者を選択し、最初のシの音をテヌートして長めに吹くとちょうど良いと思います。

いずれにしても、せわしない印象を与えないことが重要です。


いかがでしたか?

きっちり分析してみると、曲の構成や調など様々な要素が表現と関連付けられることが分かると思います。

分析しなくとも、なんとなくできてしまう人もいますが、 長年の経験で培われたものです。

そういう人は上手に表現できていても、なぜそう表現しているのか説明できない、なんてこともあります。

曲がこうなっているから、こう表現しよう、と理由を持って表現できるとベストだと思います^^

次回の分析もお楽しみに!

スポンサーリンク