「趣味は?」と聞かれたら「折り紙」と答える

折り紙
スポンサーリンク

こんにちは。お米を育てる音楽家、ジョーです。

いつも音楽や農業のことを書いていますが、今日はちょっとだけ、ぼくのことについてお話したいと思います。

趣味は?と聞かれたら

「趣味はなんですか?」っていう質問って、すごく定番ですよね。

たしかに音楽は大好きですが、仕事にしていることを趣味ですっていうのもなんか違う気がします。

おいしいものを食べることも大好きですが、それも趣味とはちょっと違う気がきます。

ある日、気づきました。

「ぼくの趣味は折り紙だ!」

ぼくと折り紙との出会いは高校生時代までさかのぼります。

本屋で見つけた折り紙の本

高校生のとき、秋田駅前のビルにジュンク堂書店が入りました。

県内最大規模で、こんなに大きな本屋さんに行くのは生まれて初めてでした。

店内をくまなく見てみると、折り紙の本が置いてあるコーナーを見つけました。

昔から手先は器用で折り紙は好きだったので興味を持って見てみると、 明らかに子供向きとは言えない難しそうな高度な折り紙の本があるではないですか!

その時に買った本がこれです。

川崎敏和さんの本です

見た瞬間「え、これが折り紙?」という驚き。

早速折ってみると、なかなかの難易度でやりがい有り

そして完成したものもかなりリアルで達成感有り

これは楽しい!!!!

すぐにハマりました。

後で知ったのですが、このバラは川崎ローズといって業界では有名なバラでした。

折り紙を先生に渡す

せっかく作った作品を捨ててしまうのはもったいないので、誰かにあげようと思い、当時のピアノの先生にあげました。

レッスン室に飾ってくれたり、小さい生徒さんに渡してくれたり、とても有効活用してくれました。

レッスンに行くたびに新しい作品を持っていく日々。

レッスンを受けに行っているのか、折り紙を渡しに行っているのか…(笑)。

小さい男の子はぼくが折った作品がとても気に入ったらしく、その子からのリクエストがあって作ることもありました。

本屋に行ったら、折り紙の本を見る

それからというもの、たまに本屋に行くと新しい折り紙の本が出ていないか見るようになり、いろんな折り紙の本を買うようになりました。

おかげで今ではこんなに折り紙の本が揃いました!

気づいたら折り紙の本がこんなに

全部折ったわけではありませんが、本を見るとリアルな作品にワクワクしてついつい買ってしまいます。

まだまだ折ってない作品がたくさんあるので時間を見つけて折らないと!

折り紙の良いところ

でもなんでそんなに好きなの?と思う人もいることでしょう。

ぼくが思う折り紙の良いところを紹介します。

お金がかからない

基本的に折り紙は100円ショップに置いてある折り紙でOKです。

それも何十枚も入っていますから、1枚は数円です。

なんてお金がかからないんだろう!!!

カメラが趣味の人はレンズに相当お金がかかると聞きますが、それに比べると折り紙は超お手軽です。

もちろん大きい作品を折りたいとか紙の質にこだたりたいとかが始まると多少はお金がかかりますが、それでもかかる金額はたかが知れています。

脳トレ・ボケ防止

別にボケ防止でやっているわけではありませんが(笑)、やはり手先を使うと脳が刺激されると思います。

それから、折図を見て折るというのは空間認識能力の向上にもつながると思います。

IQのアップや右脳の強化にはきっといいはず。

どう折ったら次の図のようになるか、と考えながら折るのはなかなか頭を使います。

あげやすく捨てやすい

ブラボーな作品に仕上がったとしても、それは所詮、紙切れです。

不必要になったらグチャっと丸めてゴミ箱にポイでOK。

自分で処分するときも楽だし、誰かにプレゼントしたとしても、その人が処分に困ることはありません。

暇つぶしにはもってこい

ある程度難しい作品になると、作品を完成させるのに数時間かかることもよくあります。

最初に折り目をつけるだけで90分かかるのとかありますからね…。

組み合わせて1つの作品を作るタイプだったら、パーツを複数作る必要があります。

そう考えると、折り紙はとても時間のかかる趣味。

おうちでじっくりとのんびり過ごしたい時には最適です。

(頭はフル回転かもしれない。)

まずは1冊、買ってみよう

クジャクを折ってみた

「創造する」というのはとても楽しい作業です。

難しい作品が完成したときは達成感でいっぱいです。

なにかやってみたいなというときは、ぜひ折り紙も選択肢のひとつとして考えてほしいです。

いきなり難しい作品を折るのは大変ですが、いろいろな本が出ていますので、自分が折りたい作品が入っていて、自分のレベルにあった本を買ってみてくださいね。

今はフルカラーだったり、DVD付きの本もあったり、なかなか親切です。

機会があれば、また紹介します^^

スポンサーリンク