音楽

ローズ『32のエチュード』を徹底解説

第16番【ローズ『32のエチュード』を徹底解説】

ローズ『32のエチュード』を1曲ずつ徹底解説。第16番はフェルマータや長い休符、全終止などによって明確に部分が分かれておらず、全体としてひとまとまりで、最初から最後まで駆け抜けるような曲になっています。記事の後半ではテーマに現れる装飾音符の吹き方について解説しています。

ローズ『32のエチュード』を徹底解説

第15番【ローズ『32のエチュード』を徹底解説】

ローズ『32のエチュード』を1曲ずつ徹底解説。第15番はテーマ、カデンツァを挟み再びテーマ、テーマを含んだコーダ、と分けて考えることができます。この曲の最大のポイントは本格的なカデンツァがあるところです。曲の随所に現れる複付点8分音符を正確に演奏するためのヒントも書いています。

ローズ『32のエチュード』を徹底解説

第14番【ローズ『32のエチュード』を徹底解説】

ローズ『32のエチュード』を1曲ずつ徹底解説。第14番はA-B-A-C-Aとロンド形式のようにテーマが繰り返し現れます。ローズのエチュードでは珍しい形式です。記事の後半ではポロネーズについて説明しています。テーマのメロディーにポロネーズのリズムによる伴奏をつけた譜例を載せています。