育苗は順調?不安要素も有り【音楽家が自然栽培に挑戦】

自然栽培
スポンサーリンク

こんにちは。お米を育てる音楽家、山代丞です。

前回の投稿から2週間経ちました。

種まき後、苗はすくすくと育ってきたようです。

育苗は順調!!!

早速、苗の様子を見てみましょう。

とりあえず順調に大きくなっているような気がします。

手で撒いたので厚かったり薄かったり、とっても不揃い…(笑)。

種は結構厚く撒いたつもりでしたが、その割に発芽していないような気もします。

写真は床土が土だけのものですが、もみ殻くん炭のみのものは成長がかなりゆっくりです。

これからだんだん追いつくのか、どんどん差がついていくのか…。

本当に育苗は順調???

実はシートを外す前に、謎の白いフワフワが発生しました。

白いフワフワがあちこちにあるのが分かります。

恐らくカビだと思うので、順調に育つか心配なところもあります。

ですがシートを外して水をかけてたらそのうちなくなったので、あまり気にしないことにしました!

慣行栽培は?

ちなみに慣行栽培の苗はこんな感じです。

機械できれいに厚くまかれているので見た目はとってもキレイです(笑)。

そして肥料もあげているので育ちも速いです。

慣行栽培の苗は例年通り順調だと思います。

急いで耕起!

自然栽培をやる田んぼの一枚上は他の人の田んぼなのですが、既に田植えが終わっています。(とても早い。)

その田んぼに水を張るようになり、我が家の田んぼにも水が漏れて入ってくるようになりました。

明渠(溝)に水が流れるようにはなっているものの、あまりぐちゃぐちゃにならないうちにと思い、トラクターで耕しました。

(写真はなし)

PTOはゆっくりで、速度は速めにして、荒く田起こしをするのがポイントのようです。

PTOは1で作業しましたが、速度は速いと我が家のオンボロトラクターに負担がかかって可哀想だったので、速さもまぁまぁゆっくりでやりました。

それでもそんなに細かくはならなかったので、我が家の場合は無理せずゆっくり耕すのがよさそうです。

ちなみに資料には「重ねて歩かずに耕し損ねたところはスコップで耕す」と書かれていました。

そのようにしてみましたが、実際にスコップでやると「大変すぎる……。機械なら一瞬で終わるのに……。」

という気持ちになってしまったので、できるだけ上手にトラクターでやるのが賢明だと思いました。


次回はさらに育った苗と、耕した田んぼなどを見せられたらなと思います。

それではまた次回(^^)

スポンサーリンク