種まきの準備【音楽家が自然栽培に挑戦】

自然栽培
スポンサーリンク

こんにちは。お米を育てる音楽家、山代丞です。

前回の投稿から1周間が経ちましたので、その間にした作業の記録です。

種まきに向けていろいろと準備が進んでいます。

選別

まずは種もみを選別します。

一般的には塩水を使った「塩水選」という方法で選別することが多いようです。

ですが、ただの水につけて選ぶだけでも十分とのこと。

やり方はいたってシンプルで、水を入れた桶に種もみを入れます。

そうすると一部の種もみが水面に浮き上がります。

浮き上がった種もみ、つまり中身の入っていない種もみをザルで取り除きます。

混ぜると再び浮き上がってくるので、何度か繰り返して沈む種もみだけにします。

このようにして、中身の詰まった種もみを選びます。

浸水

その後は15度くらいの水に浸しておきます。

水温はどんどん下がってくるので、毎日水を取り替えてできるだけ水温を保ちます。

効果があるかは分かりませんが、保温性がありそうなのでプチプチの包装紙で蓋をしています。

さらに田んぼを乾かす

田んぼはとにかくしっかり乾かすことが大事なようです。

まだまだ水が溜まっているので、さらに溝(明渠)を掘ってみました。

明渠で改善されるかは微妙です。

よくよく周りを観察してみると、山からの沢水が田んぼに入っているように思えます。

矢印の左端の斜面が崩れているのが分かると思いますが、そこからちょろちょろと山からの沢水が流れてきています。

その水が田んぼへと流れているような気がします。

そもそも左の水路が深くないのがよろしくないのですが、石や砂だらけで掘るのが超大変です。

このあたりの田んぼは最後まで乾かせないかもしれません。

柴刈り

あとは田んぼへと伸びている柴をノコギリで切っています。

祖父が管理しなくなってからというもの、柴が伸び放題で木になりかけています。

日々の管理って大切ですね…。

百姓って本当にやることがいろいろあって大変だなあ、とつくづく思います。

でもそれが楽しいのかもしれません。

それではまた次回(^^)

スポンサーリンク