黄金色に近づいてきました

農業
スポンサーリンク

こんにちは。お米を育てる音楽家、ジョーです。

9月になり、朝晩はもうすっかり涼しいと思うほどの気温です。

今日はイネの様子を見てみましょう。

黄金色に近づいてきました

まずはいつものポジションから田んぼを見てみましょう。

黄金色に近づいてきました

今回もどんより曇り空…。不穏な天気…。

ですが、田んぼはかなり黄金色に近づいてきたのではないでしょうか。

稲穂の黄色がだいぶ目立つようになったと思います。

先週のイネの様子はコチラからご覧ください。

雑草のヒエが目立つ

比べてみると、先週はまだまだ黄緑色っぽかったなと感じます。

落水をして田んぼを乾かそう

この時期になると、田んぼの水を抜き、乾かしていきます。

落水と言うようです。

落水をしている

落水を初めてからそんなに日が経っていませんし、雨が降ったこともあり、まだまだ田んぼは湿っています。

収穫の時期にコンバインでの作業ができるように、しっかりと乾かしていきます。

田んぼが乾いていないと、コンバインが田んぼにはまってさぁ大変!!!身動きができない!!!誰か助けて!!!となるわけです。

我が家の田んぼは水はけがかなり悪いので、とても苦労しています。

去年は全然乾いていなくてコンバインが入れない(はまりそう)な場所が結構あり、手刈りをしました。

乾くようにあちこちから排水させようと努力はしていますが、うまくいくだろうか…。

乾いてくれ~(祈り)。

穂の色を比べてみよう

イネに接近して、穂の色に注目して見てみましょう。

黄色い穂

これはかなり黄色に色づいた穂です。

まだ黄色になっていない、もう少し緑色の穂も見てみましょう。

緑色の穂

このように比べると、緑色から黄色へとしっかり色が変化しているのがよく分かります。

そして、同じ日に田植えをしても条件によってこんなに生育状況はまちまちです。

写真にしてしまうと分かりにくいですが、肉眼で田んぼを見ると、こっちが青かったり、あっちが背が低かったりと、生育状況はバラバラです…。

とは言っても、なんだかんだお米は一応できるので、楽しみです(^^)

稲刈りは9月末になると思います。

我が家の新米を召し上がりたい方はお問い合わせよりご連絡ください!

それではまた次回(^^)

スポンサーリンク