雑草のヒエが目立つ

農業
スポンサーリンク

こんにちは。お米を育てる音楽家、ジョーです。

8月も後半になると、暑さもだいぶ和らいできました。

今日はイネの様子を見てみましょう。

田んぼの全景

まずはいつものポジションから、田んぼの全景を見てみましょう。

田んぼの全景
田んぼの全景

雲がかかっているせいか、ちょっと暗いですね。

先週と比べると、さらに稲穂が垂れているような気がします…!

先週のイネの様子はコチラからご覧ください。

稲穂が垂れてきました【音楽家が農業に挑戦】

少し近づいたところからも見てみましょう。

イネに近づいて撮影
イネに近づいて撮影

穂がよく垂れているのが分かります。

穂は黄色みがかって黄緑色ではあるものの、まだ黄金色ではないですね。

秋になったらこれがすっかり黄金色になります。

雑草のヒエが目立つ

さて、我が家の田んぼは除草がうまくいかず、雑草が生えています。

ヒエという雑草です。

こちらの写真をご覧ください。

ヒエ発生
ヒエ発生

イネの上に背の高い雑草が生えているのが分かりますか?

ちょうど背景が木になっている部分です。

これがヒエです。

そしてこのあたりはまだ穂も垂れていませんね…。

同じ時期に植えても、いろいろと条件が違うとここまで生育状況がズレてきます。

他のところも見てみましょう。

こちらもヒエ発生
こちらもヒエ発生

こちらもかなりヒエが発生しています。

ヒエはイネより背が高いので、よく目立ちますね…。

「ヒエ」のことは「へー」と言う

この「ヒエ」、このあたりではなまって「へー」と言います。

H-I-EのIが省略されてなくなっちゃった感じでしょうか。

この雑草を刈り取る作業を「へーとり」と言います。

へーとりしないと…。

どうして雑草が生えるの?

基本的に、何もしないと雑草はどんどん生えてきます。

雑草が生えてこないのは、きちんと除草剤(農薬)を散布しているからです。

この除草剤は、田植えをした時期、きちんと田んぼ全面に水が張れていると効果を発揮する薬です。

つまり、田んぼがデコボコで水につかっていない部分があると、その部分に除草剤が効きません。

我が家の田んぼで雑草が生えている部分は完全にそれです。

陸のように高くなって、地面が出てしまっている部分に雑草が大量発生しています。

やっぱり水平が大事

水平じゃないと水管理もうまくできません。

やはり田んぼが水平であるということが最重要となります。

稲刈り後、できるだけ水平にできるように要試行錯誤です。

と言っても、なにをどうしたらいいのやら…。

それではまた次回(^^)

スポンサーリンク