稲穂が出てきました【音楽家が農業に挑戦】

稲穂が出てきました 農業
スポンサーリンク

こんにちは。お米を育てる音楽家、ジョーです。

晴れの天気がしばらく続いていて、作物の水不足がとっても心配です。

恵みの雨、はよ…!

今日はイネと枝豆の様子をお伝えします。

稲穂が出てきました

イネをよく観察して見ると、穂が出てきていました!

写真をご覧ください。

稲穂が出てきました

写真中央から少し右よりに、縦長の真っ直ぐに伸びた穂が見えます。

まだ出始めたばかりのようです。

稲穂というと、黄金色でたわわに実って垂れてるイメージですが、この頃はまだ緑色で穂は垂れずに、ピンと上に向かって伸びているんですね。

他の穂も見てみましょう。

稲穂が出てきました
稲穂が出てきました

日が当たって少し見にくいのですが、茎の中から?と言えばいいのでしょうか、穂が出てきているのが分かります。

こうやって穂が出てくるんですね~。

ぼくも写真を撮ってじっくり観察するのは初めてです。

ちなみに、穂が出ることは「出穂(しゅっすい)」と言うそうです。

意味は漢字を見れば分かるけど、穂(ほ)の音読みなんてなかなかしないよなあ…!

難しい専門用語だ~!

田んぼの全景

毎回恒例、田んぼの全景も見てみましょう。

田んぼの全景
田んぼの全景

穂が出ているイネはまだまだ少ないので、今のところは先週と同じように見えます。

先週の様子はコチラからご覧ください。(記事の後半に書いています。)

枝豆の実が膨らんできました【音楽家が農業に挑戦・2019/07/28】

穂がしっかり出てくると、田んぼの表情がまたちょっと変わってきます。

遠くから見ても、穂がピョンピョンピョンと立っているのが分かるようになります。

肉眼で見たらはっきり分かるけど、写真でも分かるかなぁ…。

また次回の投稿も楽しみにしていてください(^^)

枝豆は収穫しないと

枝豆は実が十分に膨らんできて、収穫できるくらいになりました!

枝豆は収穫しないと
枝豆は収穫しないと

種1粒から、こんなに枝豆ができるんですね!

収穫した後は袋詰して、とちょっとだけ盛りだくさんな内容になりそうなので、収穫の様子はまた今度、改めてお伝えします!

それではまた次回(^^)

スポンサーリンク